薄毛とは

髪は毎日少しずつ成長し、1年で15cmほど伸びると言われています。
髪は永久的に成長をつづけるわけではなく、一定期間が経つと自然に抜け落ちてそこから新しい髪に生え替わります。
この繰り返しをヘアサイクルといい、ヘアサイクルのなかで多くを占めるのが成長期だと言われています。
成長期が長ければ長いほど髪は成長し、長く太くなります。
成長が止まると退行期に移行し、休止期を経て成長が止まる退行期となり、休止期になると自然に髪は抜け落ちていきます。

髪の毛1本1本のヘアサイクルはそれぞれちがい、髪が抜け落ちるタイミングも異なります。
そのため、普通は髪が同じタイミングで抜け落ちることはありません。
しかしなんらかの原因でヘアサイクルに乱れが生じると、新たに生えてきた髪は十分に成長せずに細くなり、艶やコシも失われます。
そして髪全体のボリュームが少なくなることを、薄毛と言います。
この状態は男性に多く見られましたが、最近は女性の薄毛も増えています。
成人男性の場合は、4人にひとりは薄毛の悩みを抱えているとも言われ、深刻な問題とされています。
遺伝や男性ホルモンの影響、生活習慣の乱れ、睡眠時間の減少、ストレスなどの要素が複雑に絡み合って薄毛は起こると言われています。
頭皮ケアなどは薄毛の改善に欠かせない要素ですが、普段の生活を見直すことも薄毛対策としては大切です。
薄毛を改善するために、まずは薄毛の原因について、くわしく見ていきましょう。

Copyright © 2014 気になる薄毛の原因 All Rights Reserved.